ペアーズの評判は?実際に会った体験から判明した注意点とアドバイス

婚活アプリペアーズの体験談

職場に出会いがないので、友人の勧めで婚活アプリを利用しました。
使用した婚活アプリはpairs(ペアーズ)です。

 

ペアーズの評判は?実際に会った体験から判明した注意点とアドバイス

 

SNSなので最初は利用するか迷いましたが、勧めてくれた友人は実際にpairs(ペアーズ)で彼氏ができたと言っていたし、
婚活アプリの中で一番評価が高かったので試し感覚で登録しました。

 

女性は無料で出来るので、なるべくお金をかけたくない私にとってはありがたいサービスでした。
今回は、pairs(ペアーズ)の簡単な利用方法と出会いの注意点をご紹介します。

 

主な利用方法

pairs(ペアーズ)はとFacebookを利用している必要がありますが、もともとFacebookを利用していたのですぐに会員登録ができました。
まず一番最初にやったのはプロフィール作成。

 

ペアーズの評判は?実際に会った体験から判明した注意点とアドバイス

 

友人からは、顔写真は何枚か入れたほうがいいと言われたのですが、自分が写っている写真をあまり持っていなかったので自撮りをしました。
あとは友人と一緒に遊んだ時にカメラアプリで撮った写真をもらい、それを使ったりもしました。
プロフィールの文章は間接的に、詳しすぎない程度に好きなことや今の状況を書きました。

 

pairs(ペアーズ)ではいいね!を送った相手に、いいね!が返されるとメッセージのやり取りをすることができます。
また、相手からいいね!を貰って、いいね!を返したらメッセージのやり取りができます。

 

つまり、お互いがいいね!を送り合って始めてメッセージのやり取りができます。

 

pairs(ペアーズ)をやり始めたばかりの頃は、いいね!を送る回数に制限があるのを知らずに気になった相手に片っ端から送っていました。
いいね!を送るのに回数制限があると気づいた時には残りわずかで、次の配布までにもまだまだ期間があったので足跡昨日を利用してマッチングをしました。

 

ペアーズの評判は?実際に会った体験から判明した注意点とアドバイス

 

メッセージのやり取りをしたのは22名くらいです。人によっては挨拶だけで終わる場合もあります。

 

アプリを利用し始めた頃はいろんな人とやり取りができて楽しかったのですが、
複数名と同時にメッセージをやるのはだんだん面倒臭くなってしまい、会話してて楽しい人にしか返信しなくなりました。

 

最終的にほぼ毎日メッセージのやり取りをしていたのは10名くらいだったと思います。
その内6名の人とはLINEの交換をし、直接会うことになりました。
LINEの交換をしてからはアプリを開く回数がかなり減ってしまったので、アプリ内でメッセージのやり取りをしていた人とは1週間に1回くらいのペースでやり取りしていました。

 

ペアーズの評判は?実際に会った体験から判明した注意点とアドバイス

 

直接会う時の注意点

お互い顔写真を掲載していたので待ち合わせするときは苦労しないかと思っていましたが、
意外と難しく、「今どの辺りにいるか」「何を持っているか」などが相手を見つけるたの情報になるので、
待ち合わせをする際は、目立つアイテム(モチーフやカバン)や待ち合わせ場所の目印(広告の前や駅だったらみどりの窓口とか)を予め決めておくとスムーズでした。

 

相手にもよりますが、人によっては割り勘の場合もありますが、食事は全額男性が支払ってくれました。

 

直接会った人のほとんどは平日の仕事終わりにご飯を食べに行くんですが、中には休日にカフェに行こうという人もいます。

 

ペアーズの評判は?実際に会った体験から判明した注意点とアドバイス

 

カフェに誘われたら注意!

カフェに行こうと言われた場合は勧誘に注意してください。
私はカフェに誘われた男性から、ネットワークビジネスの勧誘を受けました。

 

ちなみに、私にpairs(ペアーズ)を勧めてくれた友人も、最初にカフェで会った男性から宗教の勧誘を受けたと言っていたので、
カフェに誘われた場合は勧誘の可能性があるということを警戒しながら会った方がいいです。

 

私も友人も3回くらい会ってから勧誘を受けたので、すぐに勧誘を受けることは無いかと思います。
もし、「紹介したい人がいる」と言われたらネットワークビジネスや宗教の上の人を紹介される可能性があります。

 

また、私は渋谷のカフェでネットワークビジネスを受けましたが、隣に座っていた人もネトワークビジネスの説明をしていました。

 

後々調べたら、渋谷ではネットワークビジネスの勧誘が多いらしく、
ネットワークビジネスをしている人はお金がないので食事ではなくカフェに誘うことが多いそうです。

 

初対面の人と渋谷のカフェで会うことになった時は注意してください。

 

勧誘のかわし方

せっかく婚活をしているのに、勧誘だと分かった時はとても腹が立ちました。

 

勧誘を受けた時は3時間ほど説明を受けさせられ、時間を無駄にした気分です。

 

勧誘された時はきっぱりを断ると良いです。意外かもしれませんが、きっぱりと断れば相手はあっさり引き下がってくれます。

 

ペアーズの評判は?実際に会った体験から判明した注意点とアドバイス

 

私はの場合は相手が一方的に話をしてきたので断るタイミングがなく、
相手のスマホに電話がかかってきたので「忙しそうなので、今日はこれで大丈夫です!」と言って逃げてきました。

 

LINEの交換をしていたので、「勧誘目的なら二度と会いません」と言ってブロックしました。

 

現在はその人とはやり取りをしていません。

 

まとめ

出会いがなく1回1回の出会いが貴重になってしまいますが、少しでも怪しいと思ったら連絡を切ると良いです。

 

ネット上での出会いはリスクがありますが、いろんな人と出会うと相手がどんな人か直ぐに判断できるようになるので、

 

身近に出会いがない人は恐れずに行動してみてください。